贈り物の相場はどのくらい?

未分類

出産祝いを贈るときに悩むことの一つが、いくらぐらいの金額のものを送れば良いのか、ということです。高すぎては相手に気を使わせて、返礼を送らせることになってしまうことにもなりかねませんし、あまりに安いもの贈るのもあまり良くありません。では、出産祝いの相場いくらぐらいなのでしょうか。

実際、出産祝いの金額の相場はおおむね決まっていますが、相手との関係性によってもその金額は変わってきます。親族の方に出産祝いを贈るときには、10,000~30,000円が相場です。従兄弟など親戚への贈り物の相場は3,000円~5,000円が一般的ですが、親しいのであればもう少し増額しても気を使わせることはないでしょう。また、が生まれた際の相場は30,000~100,000円と少々高額です。経済状況に余裕が無いのなら、通常の親族と同程度の金額でも良いです。そして友人に出産祝いを贈るときの相場は5,000~10,000円で、さらに現金や商品券ではなくプレゼントを贈るのが一般的です。相手の好みを考えてセレクトしましょう。また会社の同僚への出産祝いの相場は3,000~5,000円です。部下や後輩が相手のときには、もう少し増額するのも良いです。同僚全員で一つのプレゼントを贈るというのも良い手段です。

上記の通りに相場は決まっていますが、これはあくまで相場にすぎないことは忘れないでください。相手と親しく、経済状況が順調なら相場よりも高額な贈り物をするのはおかしなことではありませんし、逆の場合も同様です。相場を参考にしつつも、相手との関係性を考慮して金額を決めましょう。

何を贈るのがいいの?

未分類

出産祝いにする贈り物は、一体何を贈るのが良いのでしょうか?ですがその前に、そもそも出産祝いは、その名の通りお祝いの品なのですから、祝福の気持ちを相手に伝えることが大切です。ですので、何を贈るにしても、何かお祝いの言葉を書いたカードなどを一緒に送ると良いです。

出産祝いの品として一般的なのは、赤ちゃんとその家族が使うであろうものに加え、現金商品券カタログギフトです。また、どれを選ぶかは相手との関係によっても変化してきます。相手の趣味や必要としているもの知っているほど親しいのならそれを送れば良いです。しかし友人同士で連絡を取り合い、出産祝いが被らないように注意してください。いくらあっても良い消耗品はこの限りではありませんが、あまりに多いと困るのはなんでも一緒です。そして相手の欲しがっているものを知らないのなら、現金や商品券を贈るのが良いです。これならば買うものを赤ちゃんの家族が自由に選べるので、せっかく高価な服を贈ったが、趣味が合わず着てもらえないなどの残念な事態を防ぐことが出来ます。もし、ベビー服を贈りたいという場合は、新生児服などいくらあっても困らない普段に使用できる服を贈ってあげると喜ばれるかもしれません。

なお、出産祝いは産後7~30日の範囲内で郵送するのが一般的な送り方です。出産翌日などあまりに早すぎると、却って負担になることもありえます。相手をいたわってお祝いの品を贈るようにしましょう。

出産祝いの心構え

未分類

出産祝いを贈るときには、何を贈るのが良いのでしょうか。出産祝いに限ったことではありませんが、誰かに贈り物をするときには、様々な懸念・考えが頭を巡り、がんじがらめになってなかなか決められないことがあります。

迷惑になるのではないか、などと考えてしまい、何を送れば良いのか分からなくなるのは、よくあることです。特に出産祝いでは、子育ての経験がないときには特に何を送ればいいのかわからないものです。せっかくなら相手が喜びそうなものを贈りたいものですが、そもそも赤ちゃんに使うものをあげたほうが良いのか、商品券など、相手が好きなものに変えられるものを贈った方が良いのかも悩みどころです。

また、どれくらいの金額のものを送れば良いのかも初めてのときにはよくわかりません。あまりに高価なものを送っても、返礼の品で相手に却って重い負担を掛けてしむことになりかねませんし、安すぎるものを贈るのも気が引けるものです。一体相場はいくらくらいなのでしょうか?また、相手との関係によっても変わってくるのでしょうか。

そして、時期の問題もあります。出産してからあまりにすぐにベビー用品を送っても、出産直後で体力を消耗しているお母さんに、余計な負担をかけることがあるかもしれません。産後どれくらいから出産祝いを贈るのが一般的なのでしょうか。

以上のように、出産祝いを贈る際には、様々な疑問が生まれます。このサイトでは、このような出産祝いにまつわる疑問について解説します。